• TOP
  • 代表メッセージ
  • 相談の流れ
  • 当センターの受給事例
  • 事務所概要
  • お客様の声
  • 推薦者の声
  • 費用
  • アクセス

傷病手当金と障害年金の相互関連性について

傷病手当金とは

病気や怪我で働けなくなった場合には傷病手当金を受けることができるので、労働者にとって当面の生活は安心です。

しかし、傷病手当金は支給を受けた日から1年6カ月を限度としています。

途中で病気や怪我の状態が良くなり、働いたとして再度、同じ原因で具合が悪くなりまた働くことができなくなっても、支給を受けた日1年6カ月を経過していると傷病手当金を受給する事ができません。

働くこともできずに支給も受けられないということになると、生活が困窮してしまいます。

その場合に利用できる可能性があるのが障害年金です。

障害年金とは

障害年金は、障害認定日に障害等級に該当すれば、受給する事が出来ます。

例えば、働けない期間が長期に及び、会社を退職することになってしまっても、障害年金を受給する事が出来る場合は当面の生活に関しては少し保障されます。

傷病手当金を受けている間(1年6カ月経過しない間)に障害年金の障害等級に該当し、障害年金を受給できるようになった場合には、傷病手当金はストップします。

当然ですが、同じ原因で二重には受給できません。

ただし、障害年金で受けられる1日の受給額が傷病手当金の1日の金額より低い場合にはその差額分は支給されます。

このように傷病手当金と障害年金は、労働者をサポートしてくれる重要な相互関連性を持っている制度です。

 

私たちは正しい知識で、制度を有効活用し、皆様の受給サポートのお手伝いをしております。

まずはお気軽にご相談くださいませ。

傷病手当金と障害年金の相互関連性について

障害年金無料相談会受付中! 無料相談のご予約はこちら 毎日9:00〜20:00 058-262-7055 土日やお急ぎの場合は090-6072-9925 無料相談会予約無料メール相談

障害年金の最新受給事例もっと見る

2019.10.21

うつ病により、障害厚生年金2級を受給できたケース

2019.10.14

統合失調症により、3年間遡及で障害基礎年金2級を受給できたケース

2019.10.05

人工透析で障害厚生年金2級を取得、年間約130万円を受給できたケース

あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち? 簡易1分受給診断 障害年金無料診断キャンペーン実施中 障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です 無料診断はこちら