• TOP
  • 代表メッセージ
  • 相談の流れ
  • 当センターの受給事例
  • 事務所概要
  • お客様の声
  • 推薦者の声
  • 費用
  • アクセス

発達障害で障害基礎年金2級を受給した事例

相談者:男性(20歳)

傷病名:広汎性発達障害

決定した年金種類:障害基礎年金2級

支給月から更新日までの総支給額:約230万円

ご相談に来た時の状況

相談者本人から直接お電話を頂きご相談となりました。 高校卒業後就労支援施設で働いており、そこで障害年金について聞き自分で市役所に行って手続をしかけたが良く理解できないまま進めていて行き詰っていたようでした。話を聞くと小学生のころから注意欠乏症と診断され、軽度の知的障害だったようです。

社労士江西によるサポート

 相談者の方は性格的によく理解できないまま物事を進めてしまう性格のようで、すぐにでも診断書を医師に依頼するところでしたので、お母様も一緒に診断書の重要性を説明し、現在のできないことや困っていることを具体的に紙にまとめて医師に現状を理解してもらった上で医師に診断書をお願いするようにしました。

結果

無事に障害基礎年金2級を受給することができました。発達障害の方や知的障害の方は普段から定期的に医師に受診しているわけではないので、いきなり障害年金の診断書を依頼しても医師も困ってしまうことがあると思います。そこで、できれば本人やあるいはご家族の方が具体的な生活状況を紙にまとめて添付するといいようです。

 

障害年金1分間受給判定

もしかしたら上記のような障害年金をあなたも受給できるかもしれません。
下記の障害年金1分間受給判定を行うと
あなたが障害年金を受給できるかどうかが今すぐわかります!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お住まいのエリア

1.あなたは20歳以上65歳未満ですか?

2.年金保険料を納付していますか?

3.日常生活を送るのに何らかの支障をきたすような病気をお持ちですか?

ご連絡先(任意)
こちらからお電話しても宜しい場合はお電話番号をご入力ください

 

 

発達障害で障害基礎年金2級を受給した事例

障害年金無料相談会受付中! 無料相談のご予約はこちら 毎日9:00〜20:00 058-262-7055 土日やお急ぎの場合は090-6072-9925 無料相談会予約無料メール相談

障害年金の最新受給事例もっと見る

2019.10.21

うつ病により、障害厚生年金2級を受給できたケース

2019.10.14

統合失調症により、3年間遡及で障害基礎年金2級を受給できたケース

2019.10.05

人工透析で障害厚生年金2級を取得、年間約130万円を受給できたケース

あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち? 簡易1分受給診断 障害年金無料診断キャンペーン実施中 障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です 無料診断はこちら
  • 障害年金相談票 ダウンロードはこちら PDF相談票 WORD相談票
  • 1分間受給判定
  • サポート費用
  • アクセス
  • ご相談のご予約 受付時間:平日9:00〜19:00 058-262-7055 メールは24時間受付! お問い合わせ