• TOP
  • 代表メッセージ
  • 相談の流れ
  • 当センターの受給事例
  • 事務所概要
  • お客様の声
  • 推薦者の声
  • 費用
  • アクセス

脊髄小脳変性症・家族性痙性対麻痺で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者:男性(50代)/会社員

傷病名:脊髄小脳変性症・家族性痙性対麻痺

決定した年金種類:障害基礎年金2級

年間受給額:約78万円

ご相談に来た時の状況

障がい者雇用で会社に勤務されているが、進行性の病気のため将来の不安を抱えておられました。現在単身生活を送っているため、自分が動けるうちに何とか申請をしたいとのことでした。

相談から請求まで

下肢に障害が重く、歩行には常時杖が必要な状態だったため、主にお電話での対応でした。傷病名が2つあり、病歴・就労状況等申立書を2部作成することになり、出生時からの聴き取りに時間を要しました。それでも、初診日の病院と現在の病院が同じで、診断書が1枚だけでよかったため、ご相談から2カ月で申請が出来、その2カ月後には結果が届きました。

結果

障害基礎年金2級を受給することが出来ました。障がい者雇用で就労していても、障害年金の受給が出来ることもありますので、一度専門家にご相談されることをお勧め致します。

今回は具体的にご案内が出来たため成功することができました。

 

障害年金1分間受給判定

もしかしたら上記のような障害年金をあなたも受給できるかもしれません。
下記の障害年金1分間受給判定を行うと
あなたが障害年金を受給できるかどうかが今すぐわかります!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お住まいのエリア

1.あなたは20歳以上65歳未満ですか?

2.年金保険料を納付していますか?

3.日常生活を送るのに何らかの支障をきたすような病気をお持ちですか?

ご連絡先(任意)
こちらからお電話しても宜しい場合はお電話番号をご入力ください

 

 

脊髄小脳変性症・家族性痙性対麻痺で障害基礎年金2級を受給できたケース

障害年金無料相談会受付中! 無料相談のご予約はこちら 毎日9:00〜20:00 058-262-7055 土日やお急ぎの場合は090-6072-9925 無料相談会予約無料メール相談

障害年金の最新受給事例もっと見る

2019.10.21

うつ病により、障害厚生年金2級を受給できたケース

2019.10.14

統合失調症により、3年間遡及で障害基礎年金2級を受給できたケース

2019.10.05

人工透析で障害厚生年金2級を取得、年間約130万円を受給できたケース

あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち? 簡易1分受給診断 障害年金無料診断キャンペーン実施中 障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です 無料診断はこちら
  • 障害年金相談票 ダウンロードはこちら PDF相談票 WORD相談票
  • 1分間受給判定
  • サポート費用
  • アクセス
  • ご相談のご予約 受付時間:平日9:00〜19:00 058-262-7055 メールは24時間受付! お問い合わせ