• TOP
  • 代表メッセージ
  • 相談の流れ
  • 当センターの受給事例
  • 事務所概要
  • お客様の声
  • 推薦者の声
  • 費用
  • アクセス

間質性肺炎で障害厚生年金を取得、受給できた事例

間質性肺炎で障害厚生年金3級を取得、年間約58万円を受給できたケース

1. 相談者

女性(44歳、元会社員)

傷病名:間接性肺炎

決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級

年間受給額:58万円

2. 相談時の相談者様の状況

仕事中に急に咳が激しく出るようになり、やがて高熱が続くようになった。

最初は風邪だと思い内科に通院していたが、よくならずやがて内科医の指示で総合病院への転医を指示された。検査の結果間質性肺炎と診断され、その後24時間酸素吸入となった。

障害年金の手続きを当初、自分で行っていたが手に負えないためご相談に見えました。面談時に相当苦しそうな様子で、2階の自室に行くのも苦労していた。

3. 相談から請求までのサポート

24時間酸素吸入を手放せず、苦しい中で生活のために仕事もしなければいけない中で障害年金の手続きは遅々として進まず、相当ストレスを感じていました。

初診の証明の取得や役所とのやり取りはすべて当事務所で行い、スムーズに請求することができました。

4. 結果

障害厚生年金3級を取得することができました。その後症状が悪化したため1級に額改定も行いました。

間質性肺炎で障害厚生年金を取得、受給できた事例

障害年金無料相談会受付中! 無料相談のご予約はこちら 毎日9:00〜20:00 058-262-7055 土日やお急ぎの場合は090-6072-9925 無料相談会予約無料メール相談

障害年金の最新受給事例もっと見る

2019.10.21

うつ病により、障害厚生年金2級を受給できたケース

2019.10.14

統合失調症により、3年間遡及で障害基礎年金2級を受給できたケース

2019.10.05

人工透析で障害厚生年金2級を取得、年間約130万円を受給できたケース

あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち? 簡易1分受給診断 障害年金無料診断キャンペーン実施中 障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です 無料診断はこちら